光脱毛と医療脱毛ってなに?

光脱毛はサロンで一般的に使用されている脱毛方法

光脱毛は脱毛サロンで受けられる最もポピュラーな脱毛方法です。黒い色素に反応する特殊な光を照射し、毛根と毛の基となる細胞にダメージを与えることで、毛が徐々に生えにくくなります。また、光脱毛は医療脱毛よりも照射範囲が広いため、一度に広範囲の脱毛を行うことが可能です。即効性はありませんが毛周期に合わせて定期的に行うことで、ムダ毛が生えにくい肌になります。ただし、毛の濃さや部位によっては効果が出にくかったり痛みが出やすいことがあります。全身脱毛では女性の場合、VIO部分などのデリケートゾーンや、男性の場合は口周りのヒゲの脱毛時に強い痛みが現れる可能性があります。それでも医療用の脱毛よりも光の出力が弱いため、痛みの苦手な人や肌の弱い人は光脱毛の方が向いています。

医療脱毛は高い脱毛効果を得られるが肌への負担も大きい

医療脱毛はその名の通りエステではなく医療機関で行われる脱毛方法です。黒色の色素に反応する特殊なレーザーを脱毛部分に照射しますが、光脱毛よりも強い出力のレーザーを使用するため毛根だけでなく毛の基となる細胞ごと破壊することで高い脱毛効果が得られます。また、医療脱毛の機器は専用の資格を有する人しか使用することができないため安全性にも優れており、万が一何かのトラブルがあった際にも医療機関のためすぐに対応もしてくれます。ですが、光脱毛よりも照射範囲が狭いため一度の脱毛できる部分は少なくなってしまいます。また、出力が強いため痛みを伴いやすく、肌への負担もかかります。脱毛後は軽度の炎症を伴うこともあるので肌の弱い方は注意が必要です。