肌への負担が少ない

自己処理は肌を傷める原因になる

カミソリや毛抜きで無駄毛を自己処理するのは、肌を傷める原因になります。カミソリでの除毛は肌の必要な角質層までそぎ落としてしまい、乾燥肌になりやすいようです。また、カミソリの刃によって目には見えない細かな傷ができます。その傷から雑菌などが入り込んでしまうと、ヒリヒリしたり肌が赤くなるなど、いわゆるカミソリ負けの症状が起こるのです。毛抜きでの自己処理は無駄毛を強い力で引き抜くため、毛穴に大きなダメージが加わります。毛穴が広がってしまったり、黒ずみなどを引き起こします。長年、自己処理を続けてきた肌はボロボロになりがちです。大切な肌の健康や美しさをキープしつつ、無駄毛もしっかり処理したいのであれば脱毛サロンや、医療機関での全身脱毛がおすすめです。

脱毛サロンや医療機関の全身脱毛が肌に優しい理由

脱毛サロンや美容皮膚科など医療機関で行われている全身脱毛は、肌への負担が少ないと言われています。脱毛サロンでは光脱毛という脱毛法が、医療機関ではレーザー脱毛という脱毛法で全身脱毛を行うのが一般的です。なぜ、光脱毛・レーザー脱毛が肌に優しい脱毛と言われているのかというと、肌にはダメージを与えることなく毛根にだけダメージを与えることができるからです。光脱毛・レーザー脱毛は毛根部分に光の熱エネルギーを集めて、熱によるダメージで無駄毛を脱毛します。肌に熱によるダメージが加わることは無いので、肌トラブルが起こるリスクはほとんどありません。また、どちらの脱毛法も終われば自己処理しなくても、無駄毛が気にならない状態となります。肌への大きなダメージとなる自己処理をしなくて済むようになるのです。